2016-12-17

CentOSでWebサーバーを構築する -WordPress導入編-

はじめに

サーバー構築第4回目では、MariaDB、phpMyAdminのインストール、セキュリティ周りの設定を行いました。前回までで、Webサーバーとして一通りの機能を持たせることが出来たので、今回は上物、データベースの作成と一例としてWordPressのインストールを行います。

データベースの作成

今回も、さくらのナレッジさんのWebサーバー構築講座を参考に進めていきたいと思います。今回は最終回となるWebサーバー構築講座(5)を参照します。

まず「https://(WebサーバーのIPアドレス)/phpmyadmin」にアクセスして、phpMyAdminのログイン画面を開きます。前回、セキュリティ対策としてphpMyAdminのURLに文字列を付与した人は、「https://(WebサーバーのIPアドレス)/phpmyadmin(付与した文字列)」なので注意しましょう。phpMyAdminにログインし、「データベース」を選択し、好きなデータベース名と照合順序を「utf8_general_ci」にして「作成」をクリックします。今回データベース名は「wordpress」としました。

空のデータベースの作成

WordPressのインストール

データベースの作成が済んだら、WordPressのインストールを行います。まず、WordPressの公式ページへアクセスし、「ダウンロード」の右側にある「tar.gz形式をダウンロード」を右クリックして、リンクのアドレスをコピーします。

WordPressのリンクをコピー

WebサーバーにSSH接続し、管理者権限で「cd /var/www/html」でディレクトリを移動し、「wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.7-ja.tar.gz」で先ほどコピーしたリンク先を指定してファイルのダウンロードを行います。ダウンロードが終わると、html配下にファイルが作成されています。

WordPressのダウンロード

tar xvzf wordpress-4.7-ja.tar.gz」でダウンロードしたファイルを解凍します。解凍したら、WebサーバーのIPアドレスにアクセスしたときにWordPressのサイトにアクセスできるようにするため、「mv wordpress/* .」で解凍したファイルの中身をhtml配下に移動します。

WordPressファイルの移動

いらなくなったファイルの削除などはさくらのナレッジさんのページを参考に、必要であれば行ってください。

次に管理者権限の変更を行います。「chown -R apache:vpsuser *」でファイルの所有権を変更、「chmod –R g+w *」でファイルの書き込み権限を変更します。変更したら、「https://(WebサーバーのIPアドレス)」にアクセスします。すると、以下のような画面が表示されます。

WordPressのインストール画面

次の画面へ進んで、各項目を入力します。

WordPressのインストール画面その2

ここで「送信」を押すと、「wp-config.phpに書き込めませんでした」というエラーが出てしまいました。

wp-config.phpの作成失敗

書き込めないという事は権限周りなのでしょうが、自分で作っても良いようなので、表示されたテキストをコピーしてviコマンドで新たにhtml配下にwp-config.phpを作成します。「vi wp-config.php」で新規にphpファイルを作成し、Teratermの画面を右クリックしてコピーしておいたテキストを貼り付けます。このとき、先頭の数文字がコピーされないことがあるので、コピーした後は先頭の書き出しがコピー元のテキストと同一かを確認しておきましょう。

wp-config.phpの作成

wp-config.phpを作成したら、「インストール実行」を押して次に進みます。次の画面では、サイトタイトル、パスワードなどを設定して、「WordPressをインストール」をクリックします。

WordPressサイト情報の設定

ダッシュボードが表示され、WordPressのインストールは完了です。

WordPressのインストール完了

さいごに

ここまでで、とりあえずWebサーバーの構築は完了です。基本的にはコマンドを叩くだけなので楽なはずなのですが、バージョン毎の相性とか、仕様変更の部分が多くあり、意外と面倒な作業になってしまいました。Linux系のOSでサーバーというとCentOS、という感じのようなので、CentOS7でWebサーバーを構築する方の参考になればと思います。

Webサーバー構築は一旦ここまでにしますが、リモート環境を考慮したサーバーの運用という観点でちょくちょく書いていけたらと思います。



コメントする(※は必須項目です)













画像認証